ビタミンAが妊婦さんに必要な理由とおすすめの食べ物とは?

妊婦,食べ物,食事

厚生労働省から妊娠中はビタミンAを多めに摂取しましょうと推奨されていますが、その反面ビタミンAは妊婦さんにとって危険という声も数多く見られます。相反する意見がたくさんあると、初めての妊娠では特に「結局ビタミンAって良いの?ダメなの?」って混乱してしまいますよね。

 

ビタミンAの働きをしっかり理解して、メリット・デメリットをしることで赤ちゃんの健やかな成長を助けることができるので、きちんとした知識を身につけましょう。

 

ビタミンAとは?

ビタミンAは粘膜を正常に保つ働きがあり、細胞が特定の機能をもつためにも必要な栄養素です。ビタミンAが不足してしまうと、赤ちゃんの成長不良に繋がってきますので、妊娠中はビタミンAが不足しないように気を付けなければいけません。

 

しかしビタミンAを過剰摂取してしまうと、逆に奇形や流産の原因にもなります。摂りすぎてもいけない栄養素になってしまうということです。ビタミンAは不足しても、過剰に摂取しても赤ちゃんを危険にさらしてしまう為、ビタミンAを摂取する際は、摂取する量に十分な注意が必要です。

 

おすすめの食べ物

ビタミンAが多く含まれる食品は以下の通り。

  • レバー
  • うなぎ
  • モロヘイヤ
  • ほうれん草

 

様々な食品にビタミンAは含まれています。しかし、レバーやうなぎは動物性由来のビタミンA。動物性由来のビタミンAは過剰に摂取すると体内に吸収しやすくなってしまいますので、過剰摂取のリスクが高くなってしまいます。

 

一方モロヘイヤやほうれん草に関しては植物性由来のビタミンA。余分なものは体から排出されるようになっていますので、過剰摂取の心配はありません。なので妊娠中のママさんはこのような緑黄色野菜などからビタミンAを摂取することをおすすめします。

 

ほうれん草には、葉酸などのビタミンB群も豊富に含まれているので特におすすめの食品です。

 

中にはつわりがひどくて食事ができない方や、野菜が苦手だという方がいると思いますが、その場合は無理をするほうがストレスになりますので、サプリメントを利用しましょう。動物由来の脂溶性ビタミンに配慮されたサプリメントもありますので、きちんとしたサプリを選べばビタミンAの過剰摂取も防ぐことができますよ。

 

成人女性のビタミンAの耐用上限量は2700?。不足せず、過剰摂取にならないように十分な注意が必要です。元気な赤ちゃんの為にも、毎日の食生活を工夫してみてくださいね。