ビタミンB6が妊婦さんに必要な理由とおすすめの食べ物とは?

妊婦,食べ物,食事

妊婦さんになると、きちんと摂取しないといけない栄養素が多くて大変ですよね。ビタミンB6もそのうちのひとつですが、なぜ妊婦さんにとって必要な栄養素かはご存知ですか?きちんと知る事で、どれだけ大事な栄養素かがわかるので、しっかりとビタミンB6の知識を付けましょう。

 

ビタミンB6とは?

ビタミンB6とはビタミンB群のひとつで、たんぱく質の代謝に大きくかかわる栄養素です。たんぱく質を分解してアミノ酸にする酵素としての役目や、アミノ酸を体内で利用しやすいように変える補酵素としての役目、さらにアミノ酸をエネルギーに変える役目まであるんです。

 

正常な成長にはもちろん、美肌・美髪にも効果がありますし、ビタミンB6が不足すると頭痛やイライラを引き起こすこともあるので、つわりにも効果的だと言われています。

 

ビタミンB6は水溶性のビタミンなので、過剰摂取の危険もありません。なので、ビタミンB6はとればとるほど体に良い栄養素なんですね。

 

ビタミンB6を摂るのにおすすめの食べ物

ビタミンB6が多く含まれる食品は以下の通り。

 

  • にんにく
  • とうがらし
  • まぐろ
  • いわし
  • 牛肉

 

ビタミンB6はレバー、まぐろ、かつお等に多く含まれますので、効率的にビタミンB6を摂取したい場合こちらを食べるのが良いでしょう。

 

しかし、妊婦さんには注意しなければいけない食材があります。それは生レバーと、とうがらしなどの香辛料、そしてマグロ・カツオなどの大型の魚です。なんと妊婦さんにとって大事なビタミンB6が、食べてはいけない食べ物に多く含まれているんです。

 

なので妊婦さんにはいわしや牛肉から摂取することをおすすめします。ただ、含有量はレバーやまぐろ等と比べ、少なくなってしまいますので、たくさん食べないといけませんね。

 

つわり中などで食事があまり取れない方に関してはサプリメントなどでも手軽に摂取できますので、量があまり食べられない方はサプリメントを利用しましょう。

 

ただし、天然のビタミンB6ではなく「ピリドキシン」という化合物が入っているものに関しては大量摂取してしまうと神経障害が起こってしまうことがありますので、サプリメントを利用する際は成分を調べて、用法・容量を守るようにしてくださいね。

 

ビタミンB6は赤ちゃんの健やかな成長だけでなく、美しいママでいるために大切な栄養素。毎日の食事からしっかり摂取して、明るい毎日を過ごしましょう。