カルシウムが妊婦さんに必要な理由とおすすめの食べ物とは?

妊婦,食べ物,食事

妊婦さんが不足しがちな栄養素のひとつとしてよく知られるのがカルシウム。でもカルシウム不足がどんなに危険な事なのか知っている方は意外と少ないんです。カルシウム不足は赤ちゃんだけでなく、ママさんにとってもすごく危険な事。

 

なぜ妊婦さんにカルシウムが必要なのか、きちんと理解して毎日の食事を見直してみましょう。

 

カルシウムとは?

カルシウムは健康な骨や歯を作るためにとっても大切な栄養素。その他にも血液の凝固や心臓、筋肉などにも深いかかわりがあり、体を作るうえで、なくてはならない栄養素なんです。

 

妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんの成長のために、このカルシウムが大量に消費されます。そして赤ちゃんが成長するために必要なカルシウムが足りないと、お母さんの骨や歯から赤ちゃんにカルシウムが流れていくんです。

 

なので基本的に赤ちゃんがカルシウム不足になる事はあまりありませんが、お母さんの体からはどんどんカルシウムがなくなっていくので、お母さんの骨や歯が弱く脆くなってしまうんです。妊娠すると歯のトラブルが多くなってしまうのはこのためですね。

 

もちろんカルシウム不足が続いてしまうと、お母さんの体だけでなく、赤ちゃんにも影響が出てきてしまうので、日頃からしっかりカルシウムをとる事が大切ですね。

 

おすすめの食べ物

カルシウムが多く含まれている食品は以下の通り。

  • 桜えび
  • プロセスチーズ
  • いわし
  • ひじき

 

乳製品や骨ごと食べる魚、殻を食べるエビに多く含まれます。妊婦さんにとってまりチーズは良くないと言われていますが、それは食中毒の原因にもなるリステリア菌が含まれている可能性があるからです。プロセスチーズであれば、加熱処理をされているはずなので、この心配はありません。

 

チーズに含まれるリステリア菌は充分に加熱すると死滅するので、チーズを食べる際は「加熱処理をされているかどうか」を調べる癖をつけておきましょう。他にも骨ごと食べる魚や、殻ごと食べるエビにも多く含まれますので、食べる際は喉を傷付けないようにだけ、注意してくださいね。

 

最近ではサプリメントでも手軽に摂ることができますから、つわりで食事が難しい時は、無理せず利用するようにしましょう。赤ちゃんの成長の為にも、ママさんの骨や歯の為にも、日頃からきちんとカルシウムを摂取して、カルシウム不足にならないように注意して生活しましょうね。