妊婦さんが食べてはいけない食事・食べ物とは?

妊婦,食べ物,食事

素敵なマタニティライフをお過ごしのママさんが特に気になるのは毎日口にする食べ物ですよね。一人の時は特に気にしていなかった食事も、今は自分だけの体ではありません。赤ちゃんのために、体に良い食事を心がけたいですよね。しかし妊婦さんには危険な食べ物がいっぱい!一見健康に良さそうな食べ物でも、実はNGな食材があるんです。

 

妊婦さんが注意すべき食事・食べ物一覧

魚介類

妊婦さんはカルシウムやミネラルが不足しがち。それを補うために【魚】を想像する方は多いのではないのでしょうか?しかし魚を食べるうえで注意しなければならないことがあります。

 

大型の魚を避ける

日本人はマグロを好んで食しますが、このような大型の魚は水銀を多く含みます。お腹の中の赤ちゃんは水銀をうまく排出することができないので、脳神経障害を引き起こしてしまう可能性があるんです。

 

鮮度の悪い生魚に注意する

新鮮な刺身や寿司は食べても問題はありませんが、鮮度があまり良くないものは避けたほうが良いでしょう。

 

普段は特に何もなかった魚でも、妊娠中は免疫力が低下します。食中毒などによってお腹の赤ちゃんに影響がでてしまうと危険なので、十分注意しましょう。

 

タンパク質を豊富に含む卵は一見健康に良さそうですよね。しかし卵の摂取方法にも注意が必要です。卵の殻にはサルモネラ菌が付着しており、これに感染してしまうと食中毒になってしまいます。食中毒になると流産などの問題もでてきますので、卵を食べる際は加熱調理が必須!

 

また、あまり多く摂取しすぎると赤ちゃんが卵アレルギーになってしまう可能性もあるので、卵を食べるときは加熱調理をして食べ過ぎないように心がけましょう。

 

ナチュラルチーズ

チーズも同様に危険な食べ物。加熱殺菌していないナチュラルチーズはリステリアという菌が含まれています。これに感染してしまうとママさんだけでなくお腹の中の赤ちゃんにも感染してしまう可能性があり、流産や早産の原因にもなってしまうのです。

 

でも加熱処理さえされていればそんな心配はありません。チーズを食べる際は加熱殺菌がされているかどうか、確認してから食べるようにしましょう。

 

赤ちゃんの為に

元気な赤ちゃんの為に、バランスの良い食事を心がけていても意外とNGな食べ物が多くて大変ですよね。また、食材によっては栄養素が少ないものもあるので、食べなければいけない量が増えてしまいます。

 

その場合は不足しがちな栄養素をカバーしてくれるサプリメントもあるので、食べ物だけで解決しようとするのではなく、サプリメントの力を借りても良いのかもしれませんね。