鉄分が妊婦さんに必要な理由とおすすめの食べ物とは?

妊婦,食べ物,食事

妊婦さん達によく聞かれる鉄分不足。あなたもフラフラしたり頭痛に悩まされていたりしませんか?もしかすると鉄分不足が原因かもしれませんよ。

 

正しい知識を身につけて、日頃から気を付けることで鉄分不足は予防できます。何を食べれば良いか、しっかりとポイントを押さえて、今後の生活に役立てましょう。

 

鉄分とは?

鉄分は血液に大きく関係する栄養素。赤血球中のヘモグロビンの成分であり、酸素を体中に運ぶ重要な役割を担っています。なので鉄分が不足してしまうと、酸素を運ぶヘモグロビンの量が減ってしまい、体内に十分な酸素を届けることができなくなってしまうんです。

 

その結果、貧血はもちろん、疲れやすくなってしまったり、頭痛を引き起こしたりもしてしまうんですね。妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんが成長するために、この鉄分が大量に消費されます。なので、妊婦さんに鉄分不足が多くみられるわけです。

 

鉄分を摂るのにおすすめの食べ物とは?

鉄分が多く含まれる食品は以下の通り。

  • レバー
  • いわし
  • あさり
  • 納豆
  • ひじき

 

レバーや魚介類、海藻類に多く含まれます。ただし妊婦さんには注意すべき食材もありますよね。その中でも生レバーなどは特に注意が必要な食べ物。トキソプラズマやレチノールによって、赤ちゃんの脳に異常が出てしまったり、先天異常などの影響が出る可能性があるんです。

 

なので「赤ちゃんの為に鉄分を摂らなければ!」と思っていても、赤ちゃんを危険にさらしてしまう生レバーは、決して食べないようにしてくださいね。

 

妊婦さんにおすすめする食べ物はいわしやひじき。食べ過ぎはもちろんよくありませんが、いわしにはビタミンB6も含まれていますし、ひじきにはミネラルも含まれているので、その他の不足しがちな栄養素もあわせて補うことができますよ。

 

他の食材も合わせてバランスの良い食事を取ることができれば、赤ちゃんの健やかな成長だけでなく、つわりも軽減されると言われているので、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

まとめ

つわりなどがきつく食事がとれない方は、無理に食事を取るほうが良くないので、その場合はサプリメントで足りない栄養素をカバーするようにしましょう。最近は鉄分だけでなく、その他の成分が配合されているものもありますので、調べてみるのがいいですね。

 

元気な赤ちゃんを産むためにも、妊婦さんの貧血を予防するためにも、鉄分をしっかりとって健康な毎日を過ごしてくださいね。