つわりが起こる原因と効果的な対策方法とは?

妊婦,食べ物,食事

めでたく赤ちゃんも授かり、幸せいっぱいの妊婦生活。でも人によってはつわりがひどく、食事もまともにとることができないという方もいらっしゃいますよね?特にはじめての妊娠では喜びも不安も大きいもの。快適なマタニティライフを送るためにつわりが起こる原因と効果的な対策方法を学びましょう。

 

つわりの原因とは?

ほとんどの妊婦さんがつわりを経験しますが、つわりのはっきりした原因は解明されていません。代表的なものだと

 

  • 母体が赤ちゃんに対して拒絶反応をしている。
  • ホルモンバランスが崩れているから。
  • 自律神経が乱れてしまっているから。

 

というものがあげられます。特に妊娠中は不調が出やすい時期なので、原因はひとつではないのかもしれませんね。

 

つわりはいつ起こるの?

つわりは妊娠してから約5〜6週目に始まると言われています。一般的には約12〜16週ごろまで続くと言われていますが、つわりの続く期間はひとそれぞれ。中にはつわりのない人も、ずっとつわりが続く人もいるのです。
また、つわりの種類にも「ニオイつわり」「食べつわり」「吐きつわり」などがあり、人によって症状が違ってきます。

 

効果的な対策とは?

ニオイつわりの場合

人は苦手なニオイから離れましょう。マスクをすると多少マシにはなるので、お出かけの際はマスクを付けましょう。

 

食べつわりの場合

空腹になると気持ち悪くなってしまうので、お出かけ用のバックにもすぐに食べられるおかしなどを常備しておきましょう。

 

吐きつわりの場合

吐きつわりは気持ち悪さが続くので食事が上手くとれない方が多いです。その方は無理に食べるのではなく、食べられるときに食べられる分だけ食べましょう。ゼリーやアイスクリームなどはつわりでも食べることができたとよく聞きますので、自分に合った食事を見つけるのも大事ですね。

 

【つわりが起こる原因と対策】まとめ

つわりになると食事もまともに取れなくなる方が多いですが、そうなるとよりホルモンバランスは崩れますし、栄養素が足りないと母体から赤ちゃんに栄養素が流れていくので母体が弱くなってしまいます。また、もっと深刻な栄養不足だと赤ちゃんの成長にも響いてきますので、どうしても食事がとれない方は不足しがちな栄養素をサプリメント等で摂取するのも良いでしょう。

 

大事なのは無理をしないこと。今だけは赤ちゃんの為に、自分を甘やかせていいのです。自分に合った解決方法で、素敵なマタニティライフを送ってくださいね。